あなたの髪は大丈夫?ザビエル先生と効果のでる発毛・育毛方法の知識を深めましょう

用途から探す

  • HOME »
  • 用途から探す
シャンプー サプリメント 育毛トニック
育毛剤 外用薬 経口薬
自毛植毛 最新医療

シャンプー

シャンプーには頭皮を清潔に保つという役割があります。

その際、添加剤の入っているものは、なるべく選ばないようにしましょう。

例えば、シリコンは髪の毛の指通りを良くするかわりに、頭皮の毛穴を詰まらせてしまうという弊害があります。

そして、界面活性剤に関していえば、以前ほど強力すぎるものは少なくなったようですが、人によっては洗浄作用が強すぎる場合がありますので、これら2つは入ってないものを選んだほうが無難でしょう。

そのうえで、かゆみやフケがある場合や、脂漏性湿疹の対策など、頭皮の状態に合わせてシャンプー選びをすることが大切です。

無添加シャンプーを探す>

育毛シャンプーを探す >

サプリメント

サプリメントには大きく分けて、髪への栄養を摂取するためのものと、抜け毛を予防するための2種類があります。

これらをバランスよく摂取することで、発毛の環境を整えることができます。

通常の食事で補いきれない部分をサプリメントで補いましょう。

また、AGAの主な原因は男性ホルモンであるテストステロンと5α-リダクターゼが結合することで発生するDHTが原因となります。

天然成分のサプリメントの中には、そのうちの5α-リダクターゼを阻害する効果のあるものがあります。

それらのサプリメントを日常的に摂取することで、DHTの発生を抑制することが期待できます。

ただし、サプリメントには副作用の不安が非常に少ないかわりに、効果にも個人差があるので、期待のし過ぎは禁物です。

育毛用サプリメントを探す>

育毛トニック

育毛トニックには直接的な発毛効果はあまり期待できませんが、頭皮の保湿や、血行を促進する効果があるため、適切な頭皮環境づくりに役立ちます。

育毛トニックを探す>

育毛剤

ここでは日本国内で市販されている製品のことを指します。

副作用の心配があまりなく、医師の処方箋も必要ないことから、購入しやすいという特徴があります。

非常に多くの種類が流通しており、各メーカーで独自の成分を配合し、育毛への効果を競っています。

効果には個人差が大きく、信頼性の低い商品も少なくはありませんが、日本皮膚科学会のガイドラインで一定の有効性があると判断される、C1ランク(医薬部外品では最高評価)の成分が配合されたものをはじめとし、未だガイドラインでの評価は受けていないものの、評判の良い新興勢力など期待度の高いものを紹介します。

ただ、これらは発毛剤ではなく、あくまでも発毛促進剤としての位置づけのため、一定の効果が期待できるものの、過度な期待は禁物です。

育毛剤を探す>

外用薬

ここではミノキシジルが主成分である医薬品を指します。

日本国内では、リアップシリーズが有名ですが、個人輸入代行サイトを通じ、自己責任のもと海外製品を安価に購入することが可能です。

また、リアップはミノキシジル濃度が最大5%であるのに対し、海外からは15%以上のものを手に入れることができ、用途によって使い分けすることができます。

ミノキシジル製品を探す>

経口薬

経口薬には大きく分けて、AGAの主な原因となる、5αリダクターゼを阻害する効果があり、国内で認可されているプロペシアを代表とするフィナステリド系薬剤の他、5αリダクターゼの1型・2型両方とも阻害する効果のあるデュタステリド系薬剤、そして、経口薬最強とされるミノキシジル系薬剤があります。

現時点ではAGAの治療薬として認可されていないものもありますが、海外製品を自己の責任のもと個人輸入代行業者と通じ購入することが可能です。

フィナステリド系薬剤を探す>

デュタステリド系薬剤を探す>

ミノキシジル系薬剤を探す >

自毛植毛

現時点では髪を増やすという観点において、最も確実な方法であるといえるでしょう。

実際に皮膚科学会ガイドラインでは自毛植毛はBランク(勧められる)となっています。

なぜ、Aランク(強く勧められる)ではないのかというと、おそらく費用が高額であることと、ガイドラインが策定された2010年時点では頭皮を切開して毛包を採取するケースがほとんどであったためであると推測されます。

現在では技術も進歩し、皮膚を切開せずに毛包を採取する技術も多く出てきているため、比較的リスクが軽減してきているといえるでしょう。

高額な医療費や、少なからず痛みを伴うこと、移植本数に限度があることなどがデメリットとしてあげられます。

ただし、医療費に関してはクリニックによっては医療ローンを組むことができ、月々1万円程度からの支払いも可能となります。

病院を探す >

最新医療

近年、増えてきている治療法のひとつで、一般的には『育毛メソセラピー』と呼ばれ、各クリニックが独自にブレンドした薬剤や栄養素を、頭皮に直接注入する治療となります。

『HARG療法』なども、この育毛メソセラピーの一種であり、主な違いとしてはHARGパウダーと呼ばれる、細胞の成長因子をブレンドしているところとなります。

最近では注射を使用せず、レーザーや超音波などで注入する治療法が増えてきており、ほぼ痛みを伴わずに治療することができるようになってきています。

定期的な通院や、高額なコストがネックとなりますが、通常使用される内服薬や外用薬と比較しても非常に高い効果が期待できます。

長期的な視点で見ると、通常の治療と比べ、金額に大きな開きはないようです。

病院を探す >

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ザビエル先生の発毛講座 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.