みなさんは『ゴールデンタイム』をご存知でしょうか。

テレビの視聴率が最も良いとされる時間帯・・・のことではありません。

 

ゴールデンタイムとは

一般的には午後10時から午前2時までの時間のことを言い、この時間帯に成長ホルモン、(正確にはヒト成長ホルモン)の分泌が最も盛んになると言われています。

そして、本編でもそう解説しています。

正確には睡眠の導入時から3~4時間が、最も成長ホルモンの分泌が盛んになるのです。

ウ、ウソをついてた訳ではないんです・・・。

人間の体内時計は朝日を浴びることによってリセットされます。

朝日を午前6時、睡眠時間を8時間だと仮定した場合、就寝時間は夜の10時になりますので、成長ホルモンの分泌はそれから4時間後の、深夜2時頃まで盛んになるということになります。

これは、朝日により体内時計がリセットされるということを前提に、分かりやすく示された時間なのです。

 

こんな時間に寝るなんて子供か!

 

と、馬鹿にされてまで、午後10時までに寝なくてはならない訳ではなく、あくまでも理想と捉えていただければと思います。

現代社会において夜10時までに寝るというのは難しいですもんね。

無理矢理10時に寝てストレスを溜めてしまっては元も子もありません。

 

ゴールデンタイムに髪の毛に何が起きているのか?

先程も説明していますが、このゴールデンタイムに人間の成長ホルモンは最も盛んに分泌されます。

この成長ホルモンが分泌されることで、体内では主にタンパク質の分解・生成が行われています。

つまり、起きている間に補給した栄養素を体(髪の毛)の成長のために使っているということになります。

この時間帯に質の良い睡眠が取れるかどうかが、髪の成長に直結してくるのです。

質の良い睡眠を取ると毛細血管の血流も良くなりますので、一石二鳥ですね。

では、その質の良い睡眠をとるためにはどうすれば良いのか?という疑問が出てきます。

スポンサーリンク

質の良い睡眠を取るには?

質の良い睡眠を取るためには、何よりも就寝の2時間以上前に食事を終えておくことです。

体内で消化がはじまると、胃や肝臓に負担がかかり、完全に体を休めることが難しくなります。

これは消化器官に負担をかけないようにするだけでなく、消化したものを栄養素として吸収し、髪の毛を構成させるためでもあります。

他にも寝る直前に入浴しないとか、部屋を暗くするとか、朝日を浴びると体内時計がリセットされて寝付きが良くなるとか、それぞれよく眠れる方法というのがあると思いますが、食事を早めに終わらせておくというのが最優先です。

是非、質の良い睡眠を取って、みなさんの毛母細胞も活性化させてください(^^)

ichiran001

 

スポンサーリンク