毛髪再生医療・・・

と聞いてもなかなかピンときませんよね?

髪の毛が増えそうな名前だけど、一体何のことやらという方は多いと思います。

実はこの『毛髪再生医療』は一種類ではないのです。

ではどんな毛髪再生医療があるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

自家細胞移植

毛髪のある頭皮を数ミリ程度切り取り、成長に影響のある細胞を分離します。

それらを数ヶ月かけて培養し髪の毛の薄くなった部分に注入すると、毛根が活性化し健康な髪の毛が生えてくるという仕組みです。

この治療技術は国内大手化粧品メーカーが現在力を入れて取り組んでいる最中で、2018年に広く実用化される予定となっています。

価格も自毛植毛と変わらないレベルを目指すとのことなので、100万円以内には抑えられるのではないでしょうか。

医療ローンが利用できれば、植毛と同じく月々1万円程度からの支払いで済みそうですね。

 

iPS細胞毛髪再生

iPS細胞は京都大学の山中教授が作製に成功した、言わずと知れた万能細胞ですが、それを毛髪再生に利用しようという動きがあります。

この治療の特徴として、毛根が全滅した状態でも毛包を作り出すことができるため、どんな薄毛でも治療可能というところです。

技術的には成功しているようですが、髪の毛1本の再生に100万円ほどかかるとのことなので、まだまだ現実的ではないですね・・・。

より早い実用化とコストダウンを切望します。

 

KERASTEM(ケラステム)毛髪再生

ケラステム毛髪再生とは、アメリカで開発され、イギリスで臨床研究が行われた毛髪再生医療です。

自身の腹部や臀部から脂肪を採取し、その脂肪より幹細胞を抽出後、頭皮へ注入するという治療です。

注入された幹細胞により、毛包幹細胞が刺激され、休止期にある毛包が成長期へと変わります。

つまり、産毛をしっかりとした髪の毛に戻す治療ですね。

日本国内では聖心美容外科クリニックで受けることができます。

ケラステム

 

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーの中には薬剤の他に独自の成長因子などを配合し、毛髪を再生させる技術です。

最近広告などでよく目にする『HARG療法』なども、この育毛メソセラピーにあたります。

治療法は頭皮に薬剤や成長因子をブレンドしたものを注入する方法が一般的です。

フィナステリドなどの内服薬やミノキシジルの塗布では効果が出づらいという方には良いかもしれません。

増毛

 

いかがでしたでしょうか?

実用化されているものとされていないもの、期待値の高いものとそれほどでもないもの、最新技術といえども色々ありますが、

フィナステリドやミノキシジルよ、さらばっ!

という日が近づいてきていますね。

ichiran001

 

スポンサーリンク