秋は抜け毛の季節

皆さん育毛頑張ってますか!?

秋は抜け毛の季節です。

薄毛も進行してきたし、「そろそろ病院にでも行ってみるか!」という方も多いのではないでしょうか。

テレビなどで「薄毛は病院で治ります」などと聞いて、興味はあるけど、

 

でも、お高いんでしょ?

 

とお考えのあなた!

その通り、決して安くはありません・・・。

その中でも気になるのが、やはり発毛薬の価格ではないでしょうか。

まぁ、これも検索すればアレコレ出てくる訳ですが、色々あって分かりづらいという方のために、一度まとめてみたいと思います。

  1. 病院でのお値段

  2. 個人輸入でのお値段

  3. ジェネリックでのお値段

  4. 裏ワザでのお値段

 

病院でのお値段

医療機関で主に処方され、王道的発毛治療薬である『プロペシア』や『ミノキシジル』は、保険対象外であり、全て自費で賄わなくてはなりません。

一般的に、病院で処方される場合、プロペシアで平均8000円前後、ミノキシジルで6000円前後となり、

1ヶ月分で約14000円

ほどかかる計算になります。

でも、実際はそこに更に診療費がかかるので、それ以上かかります。

かなり痛いですよね?

ではみんなそれだけの大金をかけながら育毛に取り組んでいるのか?

といえばそういう訳でもありません。

 

個人輸入でのお値段

薄毛に悩んでいる人たちの中でも、かなりの割合で利用しているのが個人輸入です。

個人輸入をすることで、これらの薬剤が割安で手に入るのです。

発毛講座でも書いていますし、今更という感じもあるかもしれませんが、育毛をはじめたばかりの方へ向けてと、おさらいの意味も込めて、再度記しておきたいと思います。

個人輸入と聞くと、「自分には貿易の知識もないし、英語も話せないし、難しそう」と考える方もいるかもしれませんが、それらは全く問題ありません。

世には個人輸入の代行業者というものがあり、通常のネットショッピングとほぼ変わらずに、薬剤の購入が可能となっているのです。

これらを通すことにより、前述したプロペシアがオーストラリア版で約4500円、ミノキシジル5%のがロゲインが約5000円程で購入できますので、

合計で約9500円・・・。

4000円以上安くなりましたね。

 

ん!?思ったほど安くない・・・?

 

と思いませんか?

そうなんです。

いくら個人輸入を使ったからといって、円安なうえに正規品である以上、大幅に価格が下がる訳ではありません。

もっと安く、発毛・育毛に取り組みたいという方には他にもジェネリックという手段があります。

 

ジェネリックでのお値段

ジェネリックという言葉は知っている方がほとんどだと思いますが、念のため解説すると、正規品の特許が切れたあとに発売される後発医薬品であり、正規品である新薬と同じ有効成分と含んだ薬品のことです。

つまり、海外のジェネリック薬品を個人輸入で、取り寄せてしまおうということです。

まず、プロペシアのジェネリックとして有名なのが、フィンペシアです。

当然プロペシアと同じく、フィナステリドが1mg配合されています。

フィンペシアはプロペシアが28錠入りなのに対し、30錠入りなので若干お得なうえに、1箱約2100円程で購入できます。

また、ロゲインのジェネリックで有名なのがカークランドで、こちらもロゲインと同じく、ミノキシジルが5%配合されており、約3500円程で販売されています。

これらを合計すると、

約5600円程

となり、国内で医療機関から処方されるのと比較し、半額以下で購入できることになります。

さらに、世界に目を向けるとインドの大手製薬会社で製造されている、フィナロもプロペシアのジェネリックであり、30錠で約1700円、スロバキアのメーカーが販売しているミノキシジルが5%配合された、ジェンヘアーも約3000円で手に入ることから、製造国を限定しない場合は、より安く、

合計で約4700円

まで抑えることができます。

かなり安くなりましたよね?

しかし、更なる裏ワザがあるのです。

 

裏ワザでのお値段

『裏ワザ』と大袈裟に言ってみたものの、実は大したことありません(^_^;)

「そんなこと知ってるよ!」という方もいるとは思いますが、知らない方のために解説させてください。

発毛講座の方でも少し紹介していますが、実はフィナステリドの薬剤には1mg含有のものの他に、5mg含有されている製品があるのです。

先程紹介したフィナステリド系の薬剤はプロペシアをはじめとして、全て含有量が1mgなのですが、プロペシアを販売しているMSD社が製造しているプロスカーという製品はプロペシアと同成分で、フィナステリドが5mg配合され、28錠入りで約3200円で購入できます。

ただし、これは丸々1錠飲んで良いものではありません。

ピルカッターなどで4~5分割することで、プロペシアと同等の効果を得ることができるのです。

つまり、多少手間こそかかるものの、約3200円で、医療機関で処方されたプロペシアの5ヶ月分である、約4万円分の効果を得ることができるということなのです。

さらに、プロスカーにもフィンカーという名のインド製ジェネリックが存在しており、約2000円前後で購入できます。

その場合、1ヶ月分で約400円となり、仮に、ミノキシジル5%のジェンヘアーと併用した場合、

月額約3400円!

病院で購入する場合と比べて1万円以上安くなります。

みんな個人輸入に頼るのも無理はないということが分かりますよね。

 

色々な方法があるのがお分かりいただけたとは思いますが、医師の処方なくして薬剤を輸入することになりますので、当然、全て自己責任となってしまいます。

最初のうちは病院で医師の指導のもと治療を受けながら、慣れてきてから個人輸入へシフトするというのがベターだと思いますので、あまり無理をせずに発毛・育毛に取り組んでください。

フィナステリド ミノキシジル
プロペシア(AUS) 1mg 約4,500円 ロゲイン 5% 約6,000円
フィンペシア 1mg 約2,100円 カークランド 5% 約3,500円
フィナロ 1mg 約1,700円 ジェンヘアー 5% 約3,000円
プロスカー 5mg 約3,200円 ポラリス 7% 約4,500円
フィンカー 5mg 約2,000円 ポラリス 15% 約5,000円

※価格は為替相場など、様々な要因により変動します。

ichiran001

 

スポンサーリンク