z01

剛力彩芽の薄毛のCM

さて、最近放映されているAGAのCM(剛力彩芽さん出演)で、最後の方に『発毛Webで検索』とあったので、検索してみました。

現在は、薄毛治療の選択肢が広がっているという内容のCMですね。

『発毛Web』で検索すると、AGAのためのサイトが出てきます。

このサイトですが、よく見ると『gsk』のロゴマークがついています。

あまり、気にしない方も多いかと思いますが、このgskとは『グラクソ・スミスクライン社』のことで、イギリス本社の世界的な医薬品メーカーです。

その、グラクソ・スミスクライン社から発売されている、飲む薄毛治療薬が『ザガーロ』なのです。

つまり、この発毛Webで紹介されているクリニックが、いわゆる『ザガーロの取扱店』という立ち位置になるということですね。

スポンサーリンク

 

ザガーロとは?

dutasteride

詳しくは〈過去記事:プロペシアとザガーロの効果と違いを比較する!を参考にしていただきたいのですが、ザガーロは厚生労働省の認可を受け、プロペシアに続く第二の内服用育毛薬として2016年の6月よりクリニックで処方されています。

CMで言っている薄毛治療の選択肢が広がっているというのはこのことからですね。

そのザガーロはデュタステリドを主成分とし、その効果は、なんとプロペシアの1.5~1.6倍と言われています。

プロペシアが5α-リダクターゼの2型しか阻害しないのに対して、ザガーロは1型と2型の両方を阻害する効果があるため、頭頂部のみならず、前頭部にも効果が高いとされています。

それならと、早速試してみたくなるのが人間というものですが、

 

そんな新しい薬を使うのは不安

 

という方も多いことでしょう。

しかし、このザガーロは、元々『アボルブ(海外名:アボダート)』という薬で、ずっと以前から処方され続けているのです。

 

アボルブ(アボダート)とは?

アボルブ(アボダート)とは、前立腺肥大症の治療薬で、長年に渡り処方され続けてきています。

これだけ聞いても分かるように、すでに多くの実績のある薬品なので、合う合わないという個人差はあるにせよ、非常に安全性の高い薬であると言うことができます。

では、ザガーロ、アボルブ、アボダート、この3種類の薬剤に違いはあるのでしょうか。

 

ザガーロ・アボルブ・アボダートの違い

実は、これら3種類の成分に違いはないのです。

強いて言うならば、名前とカプセルの色ぐらいでしょうか(笑)

なので、海外で流通しているアボダートをザガーロのかわりに個人輸入する人が後を絶ちません。

それもそのはずで、ネットショッピングと同じ感覚でポチッと買えてしまうからですね。

通院する手間が省け、そのうえ価格も安いとなれば、その気持ちも分かります。

このページでも紹介はしていますが、安全性の高い薬とはいえ、個人輸入は自己責任ですので、できることなら最初はクリニックへ通院して、副作用が出ないことを確認してから個人輸入へシフトすることをオススメします(^^)

アボダート(Avodart)0.5mg

ichiran001

 

スポンサーリンク