待ちに待った、デュタステリドの激安ジェネリック、デュタボルブが発売されました。

スポンサーリンク

デュタボルブとは?

デュタボルブとは、今話題のザガーロのジェネリックなのですが、その特徴は何と言っても価格にあります。

通常、日本のクリニックなどで処方してもらった場合、ザガーロの1ヶ月分が平均8,000円~10,000円なのに対し、デュタボルブ約2,000円程で買えてしまうのです。

これは、プロペシアでいうところのフィンペシアといった感じですね。

今までも、ザガーロ(アボルブ・アボダート)のジェネリックがなかった訳ではないのですが、この価格設定は正直、破壊的だと思います。

現在は、発売されたばかりで、まだ無名に等しいのですが、これからはフィンペシアのように一気に有名になることでしょう。

 

デュタボルブの効果は?

デュタボルブの効果は、ジェネリックだけあって、当然ザガーロやアボルブ、アボダートと一緒な訳ではありますが、簡単におさらいしておこうかと思います。

これらデュタステリドを主成分とした薬剤は、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することで、男性型の脱毛を抑える働きがあります。

詳しくは過去記事、プロペシアとザガーロの効果と違いを比較する!を参考にしていただきたいのですが、プロペシア(フィナステリド)との最大の違いは、DHTを生成するもととなる、5αリダクターゼの1型と2型両方を阻害する効果があることでしょう。(プロペシアは2型しか阻害しない)

そのため、プロペシアより発毛・育毛効果が高い(1.6倍)とされています。

デュタボルブが発売されたことで、今までは価格がネックとなっていたデュタステリドが、安く手に入るということになれば、市場が大きくデュタステリドに傾くことは間違いないでしょう。

あとは一時期のアボルブ(アボダート)のように、品切れにならないことだけを祈りたいですね。

ichiran001

 

スポンサーリンク