saw01

飲んでる!

という方も多いと思われる、育毛サプリメントの定番であるノコギリヤシですが、以前にも本編で紹介したものの、今回はもう少し詳しく、その効能などを紹介していきたいと思います。

  1. ノコギリヤシとは?
  2. ノコギリヤシの効能は?
  3. ノコギリヤシの抜け毛予防の仕組み
  4. ノコギリヤシとプロペシアは同じ効果?
  5. 副作用はあるの?
  6. AGA薬と併用できるの?
  7. どんな製品があるの?

あなたの知らないノコギリヤシが隠れているかもしれません。

スポンサーリンク

ノコギリヤシとは?

ノコギリヤシとは、北米から中南米までの海岸地帯を中心に自生しているヤシ科の植物です。

形状は小さめのヤシの木を想像していただくと良いかもしれません。

安直ですが、葉っぱがギザギザなので、ノコギリヤシです。

英語名で『ソーパルメット(Saw palmetto)』、学名で『セレノア・レペンス(Serenoa repens)』とも呼ばれます。

Saw palmettoの『Saw』は、もちろんノコギリのことです。

このノコギリヤシは、初冬に茶褐色の果実をつけるのですが、アメリカ先住民であるインディアン(ネイティブアメリカン)は、この実を滋養強壮剤や利尿剤として昔から使用していたようです。

 

ノコギリヤシの効能は?

肝心のノコギリヤシの効能ですが、日常的に服用されている方は、もうご存知でしょうが、一応説明しておくと、前立腺肥大や排尿障害の改善と抜け毛予防の効果です。

前述した通り、元々はインディアンの薬草だった訳ですが、19世紀に入り研究が進められ、ノコギリヤシエキスには、前立腺肥大症に効果があることが証明され、現在ヨーロッパでは医薬品として扱われています。

そして、近年明らかになった新たな効能が、抜け毛予防の効果なのです。

 

ノコギリヤシの抜け毛予防の仕組み

ノコギリヤシには、毛穴の皮脂の過剰分泌と、5αリダクターゼを抑制する効果があります。

5αリダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンと結合することにより、DHT(ジヒドロテストステロン)へと変換され、髪の毛が抜けるよう働きかけます。

5αリダクターゼの分泌を抑制することができれば、DHTの生成量も減少しますので、当然、抜け毛も減少し、ヘアサイクルが改善されます。

ヘアサイクルが改善されると、髪が太く長く成長しやすくなりますので、薄毛も解消されるということになります。

 

ノコギリヤシとプロペシアは同じ効果?

これは勘違いされている方が一番多いところだと思います。

確かにプロペシアをはじめとしたフィナステリドには、5αリダクターゼを阻害する効果があります。

しかし、フィナステリドが阻害できるのは5αリダクターゼの2型のみです。

実はノコギリヤシには5αリダクターゼの1型と2型、両方を阻害する効果があるのです。

一般的には、AGAには5αリダクターゼの2型のみが影響を与えると言われていますが、近年では、2型のみならず、1型も何かしらの形で抜け毛に影響を与えているのではないかと考えられています。

その証拠に、先日厚生労働省により認可を受けた、第二のAGA内服薬である『ザガーロ』は、プロペシアの1.5倍以上の発毛効果があると言われています。

これは、主成分であるデュタステリドが、5αリダクターゼの1型と2型、両方に作用するからであると考えられます。

つまり、効果が近いのはプロペシアなどのフィナステリドではなく、どちらかと言うとザガーロなどのデュタステリドであると言うことができます。

ちなみに、過去記事でも何度か取り上げていますが、ザガーロは発売日がメーカーの事情により未定のため、まだ購入することはできませんが、同じGSK社(グラクソ・スミスクライン社)から発売されているアボダート0.5mg(日本名アボルブ:名前が違うだけで、成分はザガーロと一緒)や、ジェネリックのデュプロスト0.5mgであれば、個人輸入サイトより購入が可能ですので、

ノコギリヤシの効果では物足りない!

という方は、選択肢のひとつとして加えるのも良いかもしれません。

 

副作用はあるの?

人工的なフィナステリドやデュタステリドと異なり、天然成分であるノコギリヤシには副作用は存在しません。

100%ないとは言い切れませんが、ほぼないと考えて良いでしょう。

一般的にAGA薬を服用する場合は、副作用として、勃起不全や性欲減退を気にされる方が多いと思いますが、ノコギリヤシは古くから滋養強壮剤として使われてきただけあって、逆に精力アップの効果まで期待できます。

育毛効果としては、AGA薬ほどではありませんが、副作用がないのがメリットということができます。

 

AGA薬と併用できるの?

フィナステリドには併用禁忌薬はなく、デュタステリドに関しても一部の抗菌薬や抗生物質を除いて、併用禁忌薬はありません。

つまり、ノコギリヤシとの併用は可能であると言うことができます。

 

どんな製品があるの?

ノコギリヤシ製品は大きく分けて3つのタイプがあります。

  • ノコギリヤシエキスのみでつくられたサプリメント
  • ノコギリヤシエキスに他の育毛成分を追加したサプリメント
  • ノコギリヤシエキスも配合されている総合サプリメント

の3つです。

それぞれの特徴を紹介していきます。

 

ノコギリヤシエキスのみでつくられたサプリメント

高濃度なノコギリヤシエキスを摂取することができ、5αリダクターゼの阻害にピンポイントで効果を発揮しますので、食生活が充実している方はこのタイプが良いでしょう。

例えば、Swanson ソーパルメット540mgなどですね。

国内メーカーが良いという方は小林製薬 ノコギリヤシでも良いとは思います。これも主に成分はノコギリヤシエキスです。

ノコギリヤシエキスに他の育毛成分を追加したサプリメント

高濃度かつ、相性の良い育毛成分が配合されていますので、ノコギリヤシにプラスαの効果を求める方にオススメです。

ノコギリヤシに加えてリジンが配合された、L-リジン ゴールド ソーパルメットや、亜鉛が配合されたノコギリヤシ&亜鉛などがあります。

 

ノコギリヤシエキスも配合されている総合サプリメント

ノコギリヤシのみならず、様々な育毛成分が配合された総合サプリメントは、食生活に乱れがあったり、面倒くさがりな方に向いています。企業の研究成果に左右される製品です。

代表的なのが、言わずと知れた育毛サプリメントBOSTONや、チャップアップ育毛サプリですね。

 

それぞれ、相性もあると思いますので、ご自分に合ったものを見つけてみてください(^^)

ichiran001

 

スポンサーリンク